TSE倫理綱領

TSEは倫理綱領を制定して環境と安全を最優先に考える倫理的な責任意識を持って、仕事と個人の生活が調和をなす社会を作っていくことを約束します。

(株)TSEは、環境と安全を最優先に考えて差別化された製品開発と公正な生産活動を通じて顧客と株主に新たな価値を持続的に提供し、個人の生活と仕事が調和をなす社会を作るために倫理綱領を制定して実践を約束する。

第1章
社会との関係

  1. 環境汚染の原因になる物質の排出を抑制し、環境にやさしい業務環境を造成して地球環境を維持し、省資源と省エネルギーを実践する。
  2. 疎外階層に対する持続的な寄付活動と支援で地域社会の発展に貢献するよい企業としてボランティアと貢献活動をする。
  3. 経営全般に対する情報を適期適時に提供して開かれた企業として健全な社会を造成する。

第2章
ステークホルダーとの関係

  1. 顧客が提供した機密情報は社内外の認可されていない人に公開されないように保護する。
  2. 従業員は供給業者に金銭と既得権を要求することも受けることもしないで、公正な評価を通じて供給業者と事業活動を営む。
  3. 差別化された技術、最高の品質とサービスで公正に競争しながら自由市場経済の秩序を守る。

第3章
経済活動の推進

  1. 研究開発部門に持続投資して知的財産権を尊重し、科学と技術を基盤に製品開発を持続する。
  2. 供給会社と同等な関係、透明な評価、自主責任経営を尊重して幅広い信頼関係を構築して相互協力する。
  3. 差別化された技術、最高の品質とサービスで公正に競争しながら自由市場経済の秩序を守る。
  4. 弊社は談合しない公正な価格と競争で顧客に新たな価値を持続的に提供して満足と信頼を得るように絶え間なく努力する。

第4章
企業文化

健康で幸せな家庭と企業になるために仕事に対する絶え間ない挑戦精神と構成員としての自負心を持つように情熱とプライド文化を経営者と全構成員がともに発展させていく。

一番目、従業員は家族だと考えて最後まで責任を負う
二番目、従業員の専門性と主体性を発揮するようにする。
三番目、老弱男女や人種に差別がないようにする。
四番目、構成人が情熱、プライドを持つように育成教育を持続する。

以上の4つの行動綱領を遵守するために役員と従業員は地道に努力する。